Kaori Cafeの日々のブログ

Blog 081 9/20/2021 月見酒

月見酒 

このところとっても暑い日が続いているカリフォルニアです。

雲もなく、風もほとんどないのできれいに見えるのではないかと面期待していました。

昨年はこの辺りも山火事で肺がふり、明日には避難をしなければいけないということを覚えています。

家族は月見酒を楽しみにしていました。

宗教的なことや難しいことはわかりませんが、日本人街へ行き、日本酒を仕入れ、お団子はみたらし団子です。

6時になって裏庭に出ても夕焼けのように空がボワ~としているだけ。今日は見れないものと半分理解できない私でした。

Dinnerを終えて8時に見ると大きなオレンジのお月さまが明るく庭を照らしていました。

9月の満月は、秋分の日に最も近い満月であることから、「収穫の満月」と呼ばれています。北半球では、日没後すぐに満月が昇るため、夏の作物を収穫する農家の人たちに明るい光を提供することができます。9月の満月はその明るさで知られており、アメリカ先住民族の間では「ビッグムーン」と呼ばれています。収穫の秋を祝うだけでなく、月そのものを祝う満月は、さまざまな地域で大きな文化的意義を持っています。

世界中の中華圏で祝われる「中秋節」です。中秋節は「月餅祭」としても知られています。旧暦8月の満月の夜に、人々は友人や家族と集まり、月餅を食べたりお茶を飲んだりしながら、鮮やかな満月を鑑賞します。

ベトナムをはじめとする東南アジアなど、アジア各地でさまざまなバリエーションの中秋節が行われています。日本では、月にお供え物をして、丸い月見団子を食べる「月見」の習慣がありますね。

韓国では、この満月を「秋夕(チュソク)」と呼び、感謝祭に似た韓国の代表的な祝日としています。人々は家族との再会のために故郷に戻り、先祖の墓を手入れします。日本のお盆のようです。

満月を「ナッツ・ムーン」と呼び、様々な種類のナッツを集めてナッツ・ブレッドを作り、完熟コーン・フェスティバルなどの収穫祭で食べています。ネイティブアメリカンの部族は、この月に、トウモロコシなどの主食を子供たちに惜しみなく与えてくれる母なる大地に敬意を表します。

中国人のお友達が話してくれました。中国では、中秋節に月の女神である嫦娥を祀ります。嫦娥にまつわる伝説によると、かつて天空には10個の太陽があり、そのために干ばつが起こり、国中が苦しんでいたという。弓の名手であるHouyiは、世界を救うために9つの太陽を射落とし、その結果、皇帝の地位を得ました。しかし、彼はその後、不老不死の薬を探すことに夢中になり、悪意に満ちた暴君となってしまったのです。残酷な皇帝に永遠に支配されることから庶民を守るために、妻の嫦娥は旧暦8月の満月の日に不老不死の薬を彼から盗みました。怒った后羿は嫦娥を追いかけましたが、嫦娥は后羿に不老不死の薬を飲ませないように飲み込んでしまいました。その結果、嫦娥は神となって月に飛び、月宮に住み、玉兎という仲間と一緒に不老不死の薬を作るために薬草を杵でついています。中国の月探査計画は、嫦娥にちなんで命名されたそうです。

我が家は庭に出て盃にお月様を浮かべ、コロナの終息と家族の健康と無事を祈りました。

お祈りの数が多いようで、何度も盃に酒を注いでは飲み干している人が私の横にはいました。

皆様の地域、ご家庭ではどのように過ごされたのでしょうか?


Kaori Cafeブログ

Kaori Cafeブログは2つのカテゴリー

1つは香りのことや香水、のこと、オトクなクーポンもこちらからお出しします。

もうもう1つはUSAの生活やOfficeの様子を綴っていこうと思っています。

お得なお知らせや耳寄り情報、お客様からのリクエストやご意見もぜひお寄せください。

2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31